ヘアカラー

ヘアカラーの種類

ヘアカラーってどうやってわかられているか知っていますか?
髪の毛の色でその人の印象がぐっと変わります。
どんなイメージの自分になりたいか、カラーだけで演出することが可能です。

ヘアカラーは明るさや色味で分けられています。
明るい印象にしたい方から、暗めの落ち着いた印象にしたい方まで。
また、白髪をしっかり染めたい方までヘアカラーの種類を選ぶ考え方は様々です。

ウォーム系、グリーン系、ナチュラル系、ゴールド系、ブラウン系。
基本的な色からピンクやオレンジ、パープルなどの珍しい色まで。

数えると基本だけで20種類。
応用すればそれこそ何百種類ものカラーが出来上がります。

気に入った色でずっと染めている方や、その時の気分や季節で変わる方も多いでしょう。
ヘアカラーはその人の印象を変えるための第一の土台です。

ヘアカラーで印象が変わる

春先には髪の毛の色を変えてイメチェンしたい!という方が多いでしょう。
お母様方は春先にスーツを着るからと黒に染める方も多いですし、夏場には水着に似合う茶色にしたいという方もいるでしょう。

明るくすべきか、流行の色が良いか、悩みますね。
髪の毛の色って雰囲気がぐっと変わります。

髪の毛が明るいとそれこそ明るいイメージも与えながら少し軽い印象を与えることもあり。
暗い色なら落ち着いた雰囲気を出しながらも少し面白みがない印象・・・。
どういったヘアカラーが良いのか、あなたの肌の色や気持ち、なりたい雰囲気で決めると良いでしょう。

タイプ別におすすめ

ヘアカラーの種類をタイプ別におすすめしたいと思います。

ヘアカラータイプ別
○明るい色
顔色が明るく見えて髪の毛が多い人でも重く見えず、軽く自然な感じに見えます。
また、都会っぽくおしゃれなイメージを持つことも。

○暗い色
艶がでて日本人らしい美人な印象を与えながらもピュアな印象で男性からも受けが良いでしょう。
また、肌の色や季節も問いませんし、どんな方でも似合う色です。(日本人なら)

○濃い茶色
ロングヘアーや少し毛量が多い方でも濃い茶色なら重たく見えません。
ヘアカラーの定番と言っても過言ではない色です。

○金髪
ゆるい印象を持ちながらも女の子らしい変わりい感じになります。
少しチャライ印象もあるけど、やっぱりふんわり感が出る金髪は女性に人気です。

例えば明るい髪の毛でショートヘアなら、すごく頭が小さく見えます。
黒髪でロングヘアーならどんな人でも真面目に見えます。
黒髪のショートヘアーは男性にも受けが良い印象です。

メッシュというカラーを少し混ぜた髪色にすれば、個性的で自分のなりたいヘアカラーを出すことができますし、有名人の髪色を真似してショッキングピンクやブルーもおしゃれですよね。
いろんなヘアカラーを試して自分に合う色を見つけて下さいね。

Comments are closed.